VLOGのススメ│映像を残していく時代に

どうも、6D Corp.のルーニーです。

今回は「VLOGのススメ│映像を残していく時代に」と題しまして、おしゃべります。

ちなみに知らない人のためにVLOGを簡単に説明しておくと、日々の暮らしや旅行先での思い出を、映像で記録してしまおうっていう奴です。
スマホや一眼レフカメラで映像を撮って、印象的だったその日の出来事を短めの動画に編集してやるのです。

僕はVLOGってものが非常に良いなぁ~と思っています。

それはなぜか。

「音や動き、表情の変化」などを記録できる映像では、写真やテキストの100万倍以上に、その時の「リアルな感情を思い出せる」んです。まじで。

僕はこれまでアメリカ旅に3度行きました。

一番最初は2016年。その時は、実家に眠っていた一眼レフカメラSONYα5NEXを持っていき、めちゃくちゃ写真を撮りました。
今でも見返すとその時の楽しかった時間を思い出し、軽く涙を流します。

しかし

そんな写真なんかより、もっと心を震わせるのが、
iPhone6Sで撮影した何気ないショートムービー
だったりするんです。

三脚立てて、寒さに耐えて頑張って撮ったナイアガラの滝なんかより、ふらっと車の中から撮影した街並みと、ちらっと画面の左端に映るハリボーのサワー味の方が、「あぁ~、懐かしいねぇ」と思うんです。

これは、人それぞれの感じ方があると思います。

ちなみに、僕は全く写真嫌いじゃなくて、むしろ大好き。
できることなら、映像も写真も同じくらいの時間をかけて記録していきたい派の欲張り人間です。
ですが、時間というものは誰しも平等に与えられており、僕みたいなちっぽけな人間がどうこう言える話じゃありません。そりゃそうか。

しかし朗報。

映像で記録しておけば、最悪あとで静止画として切り出すことも可能です。

実際、最近のカメラの性能は著しく向上しています。
なんならスマホでも4K、8K撮影できてしまう、そんなありがたい時代がやってきています。
あなたが仮に一眼レフで映像を撮ったなら、かなり高画質で静止画を記録することができます。

どうでしょうか。

ちょっと容量は食うけど、映像残してみませんか?

編集なんかもアプリを使えばちょろいもんです。

どうです、あなたの思い出、映像にしてみませんかい?

映像を残しておけば、何年後かに見返した時、想像以上に当時の感動を思い出すことができるでしょう。間違いなく。

人間は忘れていく生き物です。
人生の中でも貴重な体験だと思う瞬間は、是非、映像化しちゃいましょう。
そして、少し編集してVLOGとして残してみてはどーだろーかー??

以上、VLOGのススメ、でした。

あくまでも、個人の見解ですので、絶対VLOG残していこうな!!!


ちなみに、2019年、3ヶ月間のアメリカ旅、毎日映像を撮りました。
自分たちのリアルな男2人旅でございます。
良かったらVLOG覗いてみて下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。