アメリカのガソリンスタンドの使い方【給油までの流れとポイント】

アメリカをを車で移動しよう!!

アメリカでのガソリンスタンドでの給油方法

アメリカで車をレンタルしたのなら、ガソリンの給油は必須になります

日本とは少し違った給油システム、支払い方法等を紹介して行きます

ガソリンを入れる時に抑えておきたいポイントは3つだけです

1.給油口の位置を確認しておこう

2.ガソリン価格を確認しよう

3.支払⇨給油⇨お釣をもらうまでの流れのポイント

①まず車をレンタルしたら給油口を確認しておこう

車の給油メーターの左右のどちらかに▲マークが付いています、このマークが車のどちらに給油口があるかを教えてくれています。

②ガソリンの価格を確認しよう

ガソリンスタンドに入る際に価格を確認しておきましょう

地域、週によって値段が全然違いますので節約したい!!という方はネットやgoogle map  

等で調べることが可能なの調べておきましょう。

アメリカのガソリンスタンドは1ガロン表示です1ガロン=約3.8Lです。

給油機には(87.89.91.93)等の数字が表示されています

Regular(レギュラー)=87         Premium(ハイオク)=91

この二つを把握しておけばよっぽど特殊な車に乗らない限り大丈夫だと思います。

またガソリンの名前が場所によって表現の仕方が違うようなので番号を覚えておきましょう

番号はどこも共通のようです

③支払い⇨給油⇨お釣を受け取るまでのポイント

ガソリンスタンドでは基本的に現金、クレジットカードどちらも使用できますが、精算機での

支払いが出来ません。クレジットカードを入れる事が出来てもpinコードの入力が必要でこれは

郵便番号の入力が必要になり日本のカードの使が出来ません 

その時はコンビニの様な売店が併設されていますのでそこで支払いましょう

支払い方は車を停めた給油機の番号いくら分入れて欲しいかを伝えます

例えば「No.3  20 doll please」と言ってみて下さい英語が苦手な僕でも通じたので大丈夫です

支払が終わったら、給油機に戻り先程紹介したガソリンの種類の番号を押して給油口に差し込めば給油可能です

現金で支払っていてお釣がある場合はまた売店に向かい、番号を伝えお釣をくださいと伝えてください、クレジットカードでレシートが必要な場合も同様です。

No.3  change please

No.3  receipt please

と伝えてみましょう。

④最期にワンポイントアドバイス

これは自分が運転していて感じた事ですが、ガソリンは早め早めに入れておく事をお勧めしま

す、向かう場所、走る場所にもよりますがなかなかガソリンスタンドがでで出でこない場所が

あったりしてヒヤヒヤしながら運転した事がありました。

またやっと見つけたガソリンスタンドの価格がとても高いこともありました。

ですので早めに入れておきましょう。

以上がアメリカでガソリンを入れる大まかな流れと抑えておきたいポイントです。

最初は戸惑いがあるかも知れませんが紹介した方法で進めて行ってみて下さい、意外とスムーズに終わっていると思います。

またガソリンスタンドに併設されている売店は意外と面白いですよ、いろんなものが売っていたりと美味しいファストフードがあったりと日本では味わえない雰囲気のガソリンスタンドです。

アメリカでのドライブを楽しみましょう。

以上アメリカでガソリンを入れる方法でした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。