• HOME
  • ブログ
  • Travel , USA
  • 人生観が変わる”ヨセミテ国立公園“の絶景スポットとお役立ち情報を紹介!【完全版】

人生観が変わる”ヨセミテ国立公園“の絶景スポットとお役立ち情報を紹介!【完全版】

「人生観を変えたいならヨセミテへ行け。」

そんな言葉を残した人がいます。アメリカにあるヨセミテ国立公園はアメリカ初の州立公園です。アメリカ全土で歴史と人気を誇る国立公園でもあります。私たちも一度ヨセミテへ行きましたが、壮大な自然の中で「自分はなんてちっぽけな存在なんだ」と感じさせられました。雲や太陽、そして風によって多彩な表情を見せてくれる自然が、私たち人間にとって一番大切なことは何かを教えてくれるようでした。

今回はそんな人生観を変えてくれるヨセミテ国立公園で絶対に外せない絶景スポットから、園内の回り方・宿泊施設・ベストシーズンなど、お役立ち情報を紹介していきます!

ヨセミテ国立公園について      Yosemite National Park

ヨセミテの歴史は古く、1864年に州立公園に指定され、1890年に国立公園に指定されました。1984年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。長い年月をかけて形成されたヨセミテバレーは、氷河の彫刻した巨大な岩峰、清らかな雪解け水を集めた大小無数の滝と渓流、氷河の名残の湖などの神秘的な景観を残しており、まさに自然の造った最高の宝物と言えます。また多種多様な生物との共存も魅力的なポイントです。またアメリカ国立公園人気ランキング第一位と非常に人気のある国立公園としても有名です。

基本情報

公式サイト

https://www.nps.gov/yose/index.htm

住所

PO Box 577 , Yosemite National Park, CA 95389

アクセス

車:サンフランシスコから 4~5時間 ロスアンゼルスから 6~7時間

営業時間

冬季に閉鎖される一部エリアを除いて24時間365日オープン

入園料

車一台$35,バイク一台$30,その他$20(7日間有効)※2018年12月現在

観光シーズン

12~3月は閉鎖されるエリアがある。雪解け水が豊かになる4月ごろから紅葉が見られる11月くらいまでがオススメ。

Googleマップ

死ぬまでに行きたいヨセミテ絶景観光スポット6選!

#1 エルキャピタン El Capitan  ~ロッククライマーの聖地~

ヨセミテバレー入り口に君臨する、花崗岩としては世界最大の大きさを誇る一枚岩。谷底からの高さはなんと996ⅿ!!ロッククライマーの憧れの的にもなっています。あまりの大きさに、双眼鏡がないと人が登っている姿を確認できないほどです。春先に訪れる場合には、エルキャピタルのすぐ横にあるリボン滝(Ribbon Fall)をチェックしてください!リボンのようにねじれながら流れ落ちる様から、別名「処女の涙」と呼ばれています!

トレッキング情報 : Lower Yosemite Fall

初級レベル 距離:往復1.6㎞ 時間:往復30分 シーズン:年中

#2 ハーフドーム Half Dome  ~夕焼けに照らされる景色は見逃せない~

丸いドームを真っ二つに切り落としたような岩壁。麓からの高さは1443ⅿもあり、見る角度によって異なる趣を楽しむことができます!長い月日をかけ、氷河によって削られ造られた岩肌には、2万年の風雪に耐えてきた貫禄と存在感を感じることができます!夕日に照らされるハーフドームは圧巻で、夕暮れ時には多くのカメラマンがバレー内のセンチネル橋に集まります。

#3 ミラーレイク Mirror Lake  ~風のない日には湖は鏡そのもの~

ヨセミテバレーの東端、最も奥にひっそりと水をたたえる湖。渓流に沿った平坦なトレイルを30分ほど歩くと、Mt.Watkinsを湖面に照らす静かな湖にたどり着きます。静かな場所に位置し、ここでは珍しい動物たちに出会うチャンスも多く、小鳥のさえずりが心地よいです。特に早朝がオススメで、トレッキングをして見に行く価値があります!

トレッキング情報 : Mirror Lake Trail

初級レベル 距離:往復3.2㎞ 時間:往復1時間 シーズン:年中

#4 トンネルビュー Tunnel View  ~トンネルを抜けると目の前に広がる大自然~

ブライダルベール滝(Bridalveil Fall)とエルキャピタルが、まるで大きなキャンバスに描かれた絵のような風景を作り出している。目の前に広がる大きな谷を、深い緑の森を、銀色に輝く巨大な岩を一望できます。景色に圧倒され、じっと眺めていると、谷にひしめいているはずの人々の気配を全く感じないところに、トンネルビューの美しさはあるのだと気づかされます。

#5 グレイシャーポイント Glacier Point  ~標高2199mのパノラマ展望台~

とにかく最高の眺めです!正面にはハーフドームが迫り、眼下には箱庭のようなバレーが広がります。春にはハーフドームの向かいにそびえるノースドーム(North Dome)から雪解け水が落ち、虹の形をしたロイヤルアーチで小さな滝となります。ハーフドーム後方のネバダ滝(Nevada Fall)バーナル滝(Vernal Fall)も、大量の水が流れ落ち迫力があります。またここは夕焼けスポットとして人気が高く、多くの人が集まります。グレイシャーポイントは11~5月の間は積雪のため閉鎖されているので、ぜひ夏場に行ってみてほしいです!

アクセス:バレーから車で約1時間15分。夏ならバスツアーもある。半日がかりでフォー・マイル・トレイルを歩いて登る手もある。

#6 マリポサグローブ Mariposa Grrove  ~巨大セコイアの森~

バレーから南へ約1時間15分。公園の南端にある巨大セコイアの森。500本ある巨樹の中でもグリズリージャイアント(Grizzly Giant)という木が有名で、その大きさはなんと周囲28ⅿ、推定樹齢は2700年!時代の流れを感じることができる森の中では、木の精霊の声でも聞こえてくるような感覚になります!車では入り口までしか行けないので、トレイルを歩いて自然を感じてみてください。

ヨセミテ国立公園のおすすめトレイル

ヨセミテはハイキングのメッカだ。その中からおすすめのトレイル3つ厳選しました!大自然を感じながらのトレッキングは最高の思い出になることでしょう。

#1 パノラマ・トレイル Panorama Trail  ~上級者向け~

バスでグレイシャーポイントまで向かいそこからハイキングをスタートし、東側にあるパノラマピークやネバダ滝を経由してハッピーアイルまで下る展望コース。パノラマトレイルの眺望は素晴らしく、3つの滝や松の大木、ルピナスが咲く森など、たくさんの見どころがあります。体力に自信のある方はぜひ挑戦してみてください!

適期:6~10月 距離:片道13.7㎞ 所要:下り5~6時間 出発地点:グレイシャーポイント

#2 タフトポイント・トレイル Taft Point Trail ~初級者向け~


高低差の少ない楽なトレイルで、レンタカー派の人にオススメ。グレイシャーポイントの少し手前の駐車場から歩き出します。右側にセンチネルドーム、左側にタフトポイントがあります。森を抜けるとエルキャピタルの真正面のがけっぷちに飛び出ます。スリル満点の景色を味わえます。初級者向けのトレイルではおすすめ度ナンバーワンです。

適期:6~10月 距離:往復3.5㎞ 所要:上り3~4時間、下り2~3時間 出発地点:フォー・マイル・トレイルの駐車場

#3 センチネルドーム・トレイル Sentinel Dome Trail  ~初級者向け~

標高2476ⅿとグレイシャーポイントよりずっと高く、360度のパノラマが広がる絶景ポイント。最後に花崗岩のドームを登るがそれ以外は平坦なトレイル。こちらも初心者向けでオススメで、気軽に絶景を拝める人気トレイルです。

適期:6~10月 距離:往復3.5㎞ 所要:往復1~2時間 出発地点:タフトポイント駐車場

以上おすすめのトレイルを3つ紹介しました!ヨセミテにはまだまだ魅力的なトレイルがあります。気になる方はこちらのヨセミテ国立公園のサイトから確認してみてください!

ヨセミテ公園内の移動手段

ヨセミテ国立公園の面積は3,081 平方キロメートル、東京都の1.4倍の大きさです。ヨセミテの絶景ポイントを押さえてきましたが、当然他にも見どころスポットはたくさんあります。ヨセミテの魅力を限られた時間の中でどう見て回るのか、そのための移動手段を簡単に紹介します!

バレーシャトルを利用する

バレー内を無料で巡回する2種類のバスがあります。

  • Yosemite Valley shuttle

エリア:ヨセミテバレーの東部周辺。すべての宿泊施設、店舗、主要な観光スポットにバス停あり。7:00~22:00、10~20分ごとの運行。基本的に主要な観光地を網羅できるシャトルバスです。夜になってからは安心してホテルやキャンプへ帰れるので利用価値は大きいです。ほとんどの人はこちらのシャトルバスを利用します。

  • El Capitan shuttle

エリア:エルキャピタン、フォー・マイル・トレイル、バレービジターセンターにバス停あり。6月中旬~10月上旬、9:00~17:00の運行。

Yosemite Valley shuttle MAP

 

ツアーバスを利用する

車が無い人にとってはとても貴重なツアーバスが走っています。ピーク時に訪れるなら事前に予約をしておくことをオススメします!

以下の表示価格は2018年12月時点での価格になります。またValley Tour以外は運行時期に限りがあるのでご注意を!

ヨセミテ国立公園ツアーサイトから確認できますので、必ずチェックしてくださいね!

  • Valley Floor Tour

一年中運営されている2時間程のツアーです。バレービュー、ブライダルベール滝、トンネルビューなどをオープントラム(冬はバス)で巡ります。

価格:大人36.75$ 子供26.75$ 4歳以下無料

  • Valley Moonlight Tour

Valley Floor Tourと同じルートを夜間に巡るツアーです。満月前後の夜のみ運行されています。

価格:大人36.75$ 子供26.75$ 4歳以下無料

  • Glacier Point Tour

約4時間をかけて自然の展望台グレイシャーポイントから渓谷やハーフドームを一望するツアー。途中トンネルビューにも寄ります。片道のみの利用も可能なので、ファー・マイル・トレイルを歩いて帰るのがオススメです。

片道価格:大人26$ 子供16.50$ 4歳以下無料

往復価格:大人52$ 子供32$ 4歳以下無料

  • Grand Tour

約8時間をかけてトンネルビュー、グレイシャーポイント、マリポサグローブを巡るツアー。半日かけて見どころを一気に回ることができるおすすめのツアーです!

価格:大人102$ 子供64$ 4歳以下無料

レンタカーを借りて巡る

ヨセミテ国立公園のバスサービスやツアーはとても充実していますが、レンタカーを借りて自由に公園内を巡るのも醍醐味でしょう!ここでは簡単にメリット・デメリットを紹介します!

  • メリット

好きなところへ好きなように行ける。時間に縛られない。穴場の観光スポットを開拓できる。絶景を眺めながらのドライブは楽しい。

  • デメリット

ピーク時には駐車場の確保が困難。冬場は積雪もあり危険もある。山道に慣れていないと走行が大変な場所もある。

 

以上、3つの移動手段を紹介しました。皆さんのプランに合わせて検討してみてください!

ヨセミテ国立公園の宿泊施設

ヨセミテに行ったならば、ぜひその大自然に触れながら一夜を過ごして頂きたい。都会の喧騒から離れたヨセミテで眺める星空は宇宙規模のスケールを感じることができます。ここではおすすめの宿泊施設について簡単に紹介していきます!

①マジェスティックヨセミテホテル Majestic Yosemite Hotel

ハーフドーム、ヨセミテ滝両方が見える最高の位置にあるエレガントなホテル。花崗岩やマツ、モミなどすべてヨセミテで調達したもので作られているこだわりあるホテルです。また夜には暖かなライトに赤レンガが照らされロマンティックな雰囲気も演出してくれます。料金は高いですが、一生に一度は泊まってみたい施設です。

②ヨセミテバレーロッジ Yosemite Valley Lodge

ガラス張りで作られたヨセミテバレーロッジは自然に溶け込むデザインが施されています。ヨセミテ滝に近く、旅の拠点としても便利です。レストラン、カフェテリア、ギフトショップなどがある他、各種ツアーもここから出発します。夜間の園内観光が可能なため非常に人気が高くいため、早めに予約が必要です!

③ハーフドームビレッジ Half Dome Village

グレイシャーポイントの足元に広がる林の中にキャビンがずらりと並びます。自然との距離が近く、野生動物が顔を出すことも。数多くのツアーデスク、カフェテリア、ストアがあり、プールまであるのでアクティビティも楽しめます!

④ヨセミテビューロッジ Yosemite View Lodge

エル・ポータル(El Portal)という町の川のほとりにあるホテルで、ヨセミテ国立公園西入り口まで車で5分という立地。ホテルにはレストラン、ギフトショップ、屋内外プールがあり充実しています。客室にはバルコニーやミニキッチンがついていて、部屋サイズも園内ホテルより比較的広めなので、家族連れに人気があります。僕たちは以前ここに宿泊しましたが、園内よりも安く泊まることができましたし、サービスも良かったです。夜はバルコニーから星空を眺め、また野生動物を見ることもできました。オススメです!

ヨセミテ国立公園で楽しめるアクティビティ

ハイキング

ヨセミテには数多くのハイキングコースがあり、所要時間が1時間程度のものからキャンプが必要なものまであります。自分の足でヨセミテの大地を感じてみてください!

レンジャープログラム

Art Workshop

ヨセミテについて深く学ぶために、様々なレンジャープログラムが開催されています。おすすめは水彩やパステルなどのテーマを決めて屋外で絵を描く「Art Workshop」、満月前後の夜にバレーを探索する「Full Moon walk」などです。子供向けのものが多いですが、家族で参加してみるのも良いでしょう!専門家を招くイベントが多く人気が高いので、早めの予約が必要です!

サイクリング

サイクリングMAP

バレーエリアに約20㎞のサイクリングトレイルが用意されおてり、穏やかな道を走りながらの景色を楽しむことができます。ヨセミテバレー内の施設で自転車をレンタルすることができます!

キャンプ

キャンピングMAP

ヨセミテはキャンプ天国。バレー内に4カ所、公園全体で14カ所キャンプ場がある。そのうち7箇所は予約が可能。予約は電話やオンラインで可能。しかし、どのキャンプ場もすぐに予約でいっぱいになる。早い者勝ちのキャンプ場も早朝からいっぱいになることがほとんどなので、とにかく早めに場所を確保しましょう!予約状況についてはヨセミテ国立公園の公式サイトからも確認できるので、要チェックです!

その他アクティビティ

以上の紹介したおの以外にもたくさんの魅力的なアクティビティがヨセミテでは楽しめます!以下のURLからヨセミテのアクティビティ事情を知ることができますので、参考にしてみてください!

おすすめの季節・服装・日の出/日の入り

雪解けが始めり木々や生命の活気を感じ始める春、残雪の岩峰が青空に浮かび、深緑の木々のコントラストが象徴的な夏、落葉樹の緑が朱・紅・ブロンズへと変化し生命の循環を感じる秋、訪れたものにしか見られない白銀の世界に魅せられる冬。ヨセミテは、どの季節に訪れてもそれぞれ魅力的な一面があり、どの季節も捨てがたいです。一日の始まりと終わりを告げる日の出・日の入り。太陽が作り出す赤色の景色は感動的です。ここでは、ヨセミテの季節・オススメの服装・気温・日の出/日の入り時刻を紹介します。

 春 4~5月

雪解け水が流れ始め、滝を見るのにはベストなシーズン。カリフォルニアポピー・ハナミズキなどの花々のつぼみもほころび始めます。4月初め頃は、ヨセミテバレーへのアクセスはできますが、一部の高山エリア、ヨセミテバレーを一望できるグレイシャーポイントへの道はまだ閉鎖されています。5月上旬からはさらに滝の流量も増えだし、ダイナミックな景色を楽しめます。また徐々にハナミズキなどの大きな花々が咲き始めます。

服装:春といってもまだまだ肌寒い時期。冬ほどの防寒は必要ないが夜はぐっと冷え込む。星空を見るなら厚手の服を持っていくと良い。

 夏 6~8月

6月は、多くの滝が爆音をこだまさせるようになり、草花は一気に開花し、野生の動物たちも活動が活発化する。ヨセミテの景観と生命が最も生き生きしているベストシーズンです。7~8月は雪解け水が無くなり、徐々に滝が涸れていきます。高山エリアの花々がようやく開花し始めます。太陽の日が照り付け、積乱雲が青空に立ち込めますが、夏らしい風情を楽しめます。

服装:Tシャツと短パンでも十分。夜は少し冷えるので一枚ジャケットを羽織るとよ良い。湿地帯では蚊が増えるので、その対策をしておくのも良い。

 秋 9~11月

9月には残暑。ヨセミテの秋の始まりは10月からです。10月中旬頃から紅葉を見ることができる。ヨセミテは常緑樹が多いため、全体的に色変わりすることはありませんが、カエデやカシなどの落葉樹は緑から朱・紅・ブロンズへと色づき始めます。自然は、生物が眠りにつく生命の循環を華麗に彩ります。

服装:日暮れが早く温度は急激に下がります。寒さに対応できる格好が必要です。

 冬 12~3月

この時期は雪が積もり、閉鎖されるエリアもあります。しかし、訪れた人にしか感じられない樹氷の森、凍てついた岩壁がひっそりと青空に映えます。雪の降った日の後には、白銀の世界が広がり、ダイヤモンドダストのように新雪が風に舞います。交通面でのデメリットはありますが、冬のヨセミテこそ神々しい姿を見せてくれます。

服装:完全防寒が必要です。

気温データ・日の出・日の入り

ヨセミテは年間を通じて過ごしやすい気温です。夏の平均最高気温は32度と暑く、冬の平均最低気温は-2度ととても寒くなります。季節に合わせた服装と対策が必要ですね!

ヨセミテに生きる動植物

ステラ―カケス

ヨセミテの広大な自然の中には標高によって様々な種類の動植物が生息しています。森林や草原が、渓流が流れるヨセミテバレーは生き物の格好の住みかとなっており、時には私たち旅人の前に姿を現してくれます。よく見かける生き物だとリスやシカ、アライグマです。珍しい生き物だとブラックベアやヤマアラシ、カワウソなどです。またヨセミテには200種以上の野鳥も生息していて、鮮やかな青色の羽をもつステラ―カケスや世界最小の鳥ハチドリ、おなじみのキツツキなどが生息しています。

シューティングスター

カリフォルニアポピー

ヨセミテには色鮮やかな花々も生息しています。オレンジ色のカリフォルニアポピーやアザミ、シューティングスターやハナミズキ。暖かい季節にヨセミテを訪れる人は、綺麗な花々に足を止めてしまうかもしれません!また、ヨセミテと言えばなんといっても巨大なセコイアです。時間に余裕がある方はマリポサグローブまで行ってみてくださいね!

 

終わりに

ここまでヨセミテの情報をざっとまとめていきました。ヨセミテはアメリカの国立公園の中でも最も人気のある公園です。どの季節に行っても私たちを魅了してくれる素晴らしいところです。アメリカ旅行に行く際は、ヨセミテに行くプランを立ててみてはどうでしょうか。今後もヨセミテの魅力的なポイントを随時更新していきますので、ご期待ください!

※最終更新2018年12月

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。