• HOME
  • ブログ
  • SNS , Thought
  • アウトプットが苦手?問題はインプットにあり。【効率的なインプット方法解説あり】

アウトプットが苦手?問題はインプットにあり。【効率的なインプット方法解説あり】

こんにちは、6D Corp.です。

本記事の内容

アウトプットが苦手な人の問題はインプットにあります。

日常的に利用するSNSでの発信、会社の会議で意見を述べる、様々な場面においてアウトプットすることが苦手な人がいます。

近年ではブログやSNSを利用し、情報発信をする人が、「インプット」や「アウトプット」という言葉をよく使います。

情報を価値あるものとして伝えるためには、十分なアウトプットとインプットが求められるからでしょう。

本記事の結論を先に述べますと、「アウトプットするためにはインプットが必要不可欠」ということです。ここを解説していきます。

また、アウトプットの上達のための「アウトプットのための効率的なインプット方法」についても解説していきます。

「インプット」「アウトプット」とは何か。

そもそもインプットとアウトプットは何か。簡単に解説していきます。

「インプット」=入力すること。ここでは、主に学ぶことを指します。つまり自分に必要な情報・知識・経験を取り入れること。

「アウトプット」=出力すること。インプットで取り入れた情報・知識・経験を使って、何かを生み出すこと。

アウトプットの定義は、インプットで取り入れた情報・知識・経験を使って、何かを生み出すこと。

つまり、インプットがなければアウトプットはできないのです。

考えてみれば、どんな本にも「参考文献」「引用」というものがあります。必ず情報にはソースがあるのです。あらゆる知識が蓄積し、新たに何かを生み出すことが可能になります。

アウトプットするためにはインプットが必要不可欠

言葉や身振り手振りで”なにか”を伝えたい。しかし、その”なにか”を理解していないことには相手には伝えられないし、伝わらない。

十分なアウトプットには、十分なインプットが必要です。

このことは何もブログやSNSなどに限った話ではありません。

例えば、飲食店であなたがアルバイトをしていたとします。あなたは先輩や店長の仕事ぶりを学び、感じ、身につけるインプットをします。それを模倣・改良して成果・実績をあげるアウトプットをします。これも立派なインプット・アウトプットでしょう。

今、僕がこのブログに記事を投稿するに至るまでにも、たくさんのインプットあって、ようやく情報を発信することができています。

人は様々な情報の中から、自分にとって有益なもの、好きなものを選択し、身に着けながら成長していきます。同じ質問に対して異なる多くの答えが生まれるのそのためでしょう。

知識・情報・経験をインプットし、言葉や媒体で表現する、つまりアウトプットする。そして、新しい価値あるものを学ぶ(インプット)。

人が成長していくには、インプットとアウトプットの繰り返しが必要なのです。

アウトプットのための効率的なインプット方法

インプットの重要性が以上でご理解いただけたと思います。

では、ここらは僕が日ごろから意識している、「アウトプットのための効率的なインプット方法」について説明していきます。

その方法とは、

 ”アウトプットをすることを前提にインプットする”

たったのこれだけです。

先ほどの例と同じように、飲食店でアルバイトをしていたとします。あなたホール担当で料理を担当することはないとします。しかし、日常的にシェフの作る料理を眺め、家族に振舞ってあげようと意識していれば、料理工程を理解することができるでしょう。これはあなたが料理を振舞う(アウトプット)を前提にシェフを見習う(インプット)していたことによる成果に違いありません。

感覚としては「この情報はおいしい。誰かに教えてあげよう」それくらいでいいと思います。誰かに伝えたいと思いながら、インプットするのです。

学生時代、参考書に付箋を貼ったり、蛍光ペンでマーカーをしましたよね。それと同じように、ここが大切だなと思う箇所を意識するのです。

本を読みながら要点をメモしたり、時には写真で残したり。本をただ読み流しているよりも、ここが話の肝だな、教訓だな、と考えながら読むことで、アウトプットすべき情報を効率的に理解することができるでしょう。

そして大事なのはプラスアルファの情報です。気になったものを調べ深掘りした知識をつけることで、インプットの質が高まります

誰かに教えてあげたい、伝えたい、あるいは自慢したいという気持ちがあれば、学びたいという衝動に駆られることでしょう。

まとめ

インプットは知識・経験・情報を身に着けること。アウトプットはインプットしたものから何か新しいものを生み出すこと。

そして人生はインプットとアウトプットの繰り返しで、それをなしに人間は成長できないということ。

普段何気なく読み流していた本や新聞、世の中にあふれている情報の多くを、誰かに教えてあげたいという意識を持って触れること。

そして、友人、家族、またはSNSなどで情報を発信してみてください。

この小さな意識の持ちようで、あなたの人生はより豊かなものになるかもしれません。

いいなと思った方は今日から実行してみてください!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。