【日記】就活を辞め大学院を休学するけど、明日のインターンは行く話。

こんばんは、るーにーです。

明日は、名古屋にある某IT系企業のインターンに行きます。

夏に実施された5Dayインターン、台風の影響で一日無くなっちゃったんですが、それの補講です。

とは言っても、僕は来年、大学院を休学するので現在就活はしていません。

なんなら、未来を見据え、企業に勤めずともお金を稼いで生きていく方法を模索している最中なので、正直無意味です。

自分を偽りながら、ハキハキと挨拶して、特に自信があるわけでもないエピソードを誇らしげに自己成長したのだと語らなければいけない、就活というものが嫌です。笑

でも、明日のインターンには参加します。

その会社にも就活にも興味がないのになぜインターンには参加するのか。

理由は「仲良くなった友人と会いたいから」それだけです。

実質4日間しか行われなかったインターンシップ。

この短い期間で尊敬できる友人ができました。

最初からなんとなく面白そうなやつだなーと思っていた彼。

インターンの最中、彼からは正直言って、まったくと言っていいほどやる気が感じられませんでした。

椅子にも浅く座って、だらーっと腰かけているような感じでした。

メモも取らないし、質問もしない。

でも、なんとなーく知的に感じてしまいました。笑

そんな彼と話したのはインターン2日目の夜の飲み会。

この日は、翌日のインターンが台風で無くなることが決定していたので、パーッと飲もうってことでみんなで居酒屋に。

基本的にみんないい人たちで、楽しんですけど、どこか牽制しあっているというか、話の中心は企業の話。

うわー話ついていけねぇと思っていた時、何となく隣にいた彼と話しました。

あんなにダラダラしてたのに、しっかり将来を見据えいたことにびっくりしたことを覚えています。

その時は僕もまじめに就活しようかなーと思っていたので、少し就職関連の話もしました。

僕はなんとなーく、「めっちゃアメリカ好きで、またアメリカ行きたいんやけど、会社はいったらもうなかなか長期でいけへんよな~」と口にしました。

すると彼は、「じゃあその夢かなえるために、真剣に働き方考えればいいじゃん」実に直球でした。

話を聞けば、彼は一度IT系の会社で経験積んでから、独立してフリーランスになるんだと言っていました。

一生同じとこで働く宅ないし笑、くらいの感じで教えてくれました。

彼は工業系の大学院の1年生でした。彼は浪人していたので、僕より年齢は一つ上でした。

「一年間休学して、自分の好きなようにいろいろ試してみたら?浪人よりまし笑」

その時から何となく、あー休学しちちゃえばいいっかと思うようになりました。

就職しちゃったらなかなか好きな事はできないし、働きだして数年でフリーランスになりたいって思っても、僕の性格ではその環境からは抜け出せないなと思っていました。

それなら一年間休学して、いろんな経験積んでからまた就職するのかフリーランスとしてやっていくの決めればいいかって思えるようになりました。

あの時何となく話してくれた彼のおかげで、今こうしてブログ書いてるのかーと思います。

インターン最終日に、「インターンの中でお前が一番おもろいし仕事できるやつやで、最悪どこでも就職できるって」と言ってくれました。

僕は彼に対して全く同じことを思っていたので、めちゃくちゃ自信になりました。なんの実績もないのに笑

明日はその日振ぶりに彼と会います。

今の生活に導いてくれた彼に感謝の気持ちを伝えたいですね。

意外なところで仲良くなったり、応援してくれたりする人がいるもんだなーと思います。

出会いは大切にしなきゃなと思います。

書きなぐり失礼しました。

おわり。

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。