アメリカンジョーク,日本人が笑えないのはなぜ?

「僕のおじさんようやく安らかに眠れるよ」
「おじさん亡くなってしまったんだね。知らなかったよ。」
「死んだのはおじさんだよ。」

こんにちは、るーにーです。
いきなり皮肉たっぷりのアメリカンジョークで失礼しました。

今日は「アメリカンジョークはなぜ日本人には理解しがたく笑いにくいのか」についてです。
日本人はアメリカンジョークであまり笑えないという話を聞きました。
それはなぜなのか。
理由は以下の4つです。

1. タブーや皮肉が苦手な日本人
2. 身近にある話題が異なる
3. アメリカは人種のるつぼ 笑いの「分かりやすさ」が重要
4. 言語的特徴「発音・イントネーション・ジェスチャー」

そもそもアメリカンジョークとは

アメリカンジョークの面白さは、「思いがけない裏切りによるお笑い」であるところ。アメリカにおける軽いタブーや固定観念など定番ものから、文化的な俗説や政治的・宗教的な風評を元にしたものなど、様々なタイプのアメリカンジョークが存在している。

特にアメリカンジョークの典型的スタイルは、
①聞き手が容易に想像できる日常場面などの設定
②裏切られる・皮肉さを感じさせる落ち
という二段構成になっていることが多い。

こういったアメリカンジョークの基本を押さえたところで、日本人が笑えない理由を解説していきます。

日本人がアメリカンジョークに笑えないのは?

1. タブーや皮肉が苦手な日本人

筆者の僕は性格がひねくれているので皮肉めいたアメリカンジョークがとても好きだ。
また、思い切ってタブーネタに触れていく所にもはらはらドキドキ感があっていい。
しかし、多くの日本人の場合、そういった皮肉めいたものや、宗教・政治・文化的なタブーネタなどをいじる行為は控えたほうがいいという精神がある。
お笑い芸人が大舞台で政治ネタを披露し批判の声が上がるのはこういう観点からであろう。
つまり、笑いたくても笑えない、笑ってはいけない雰囲気が日本人にはあるのだ。

2. 身近にある話題が異なる

これは大きな理由の一つだろう。そもそも国が違うのだ。アメリカ人に日本の「あるあるネタ」を話しても受けないだろう。
アメリカで話題になっている「政治」、「ドラマ」、「アーティスト」、「時事ネタ」を日本人が聞いても理解することは難しい。
アメリカ人だからこそ理解できるネタというのは少なくない。

3. アメリカは人種のるつぼ 笑いの「分かりやすさ」が重要

アメリカは人種のるつぼ、つまり、世界中の国の人が集まっている。
人種も違えば、文化・宗教的な背景が異なる。そういった社会構成であるため、笑いにも「分かりやすさ」が重要になってくる。
あまり難しいネタは受けが悪い。そのため、上で説明したような「アメリカンジョークの典型的スタイル」のように、
分かりやす場面設定からの落ちが用意されているのだ。
日本人はこういった典型的なスタイルは苦手だ。あっ今から落ちが来るぞと何となく身構えてしまうのだ。

4. 言語的特徴「発音・イントネーション・ジェスチャー」

これは、アメリカンジョークをアメリカ人が言っている場合での話。
英語は日本語と比べて、発音やイントネーションなどの観点から、通常の話し方からリズムや抑揚が付きやすい。
また、ジェスチャーを大きく使いながら話す。表情だって実に豊かである。
こういった特徴から、自然とギャグも「大げさ」に見えてしまう。
日本人はあからさまに面白いことをしようとするのが苦手だ。

まとめ

アメリカ人だからこそ笑えるネタがアメリカ人には多いのかもしれませんね。
あとは、言語や文化などのお国柄的な部分も大きく影響していそうです。
個人的にはアメリカンジョークが好きですし、同じように好きな人はいると思いますが、何となく日本では受けが悪いのかもしれませんね。
とはいえ、秀逸なものもたくさんありますし、ネタの意味を探っていくと宗教や文化の勉強にもなって面白い!ってなることが多いです。
興味本位でアメリカジョークを勉強してみる価値はありそうですね。
以上で今日は終わりです。
また。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。